スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法手続専門部署への移管予告

写真 2014-11-21 22 21 20

延滞3ヶ月目に突入しているのに催促の連絡も無いな~、どうなってるのかな~?と思いつつも私から連絡をしないで待ちを決め込んでいたセゾンカードからやっと連絡が来ました。

自宅と携帯へ電話にて連絡があったのと同日に「法手続専門部署への移管予告」なるものが届きました。電話を掛けてきたセゾンカードの方は男性で、丁寧な物言いで威圧感などはありません。

12月4日までに遅延の10万ちょっとを払わないと会員資格取消しになるとの事です。

 ん??

あれ!?まだ会員資格取消しになってないの?
セゾンネットアンサーにログイン出来なくなっていたので、とっくに強制退会になっているもんだと思っていましたが、どうやら違うようです。
延滞を解消すればまた使えるようになる可能性もあるみたいだ。
まぁ、宝くじでも当たらないと10万なんて無理なんですけど。

それともうひとつ驚いた事は、先方から分割支払いの話を振ってくれたことです。
12月4日までに延滞を解消できなかった後には、分割などの支払いの話し合いになるとの説明がありました。

三井住友カードのように一括請求とも言われず、エポスみたいに何が何でも約定通りに払えという態度でもありません。
カード会社それぞれに延滞対応に違いや特徴があってなんか面白いな~、話を聞きつつ思いました。

催促の電話は三井住友カード、三菱東京UFJカード、モビット、セゾン、エポスと受けてきましたが、考えればどうもエポスだけがおかしい。
一昔前の武富士とかが全盛期の頃の督促というのを私は経験していないのでわかりませんが、苛烈な督促が当たり前だった時代の名残なんでしょうか?

とにかく、セゾンについては給料日の25日にまた電話をする事になりました。
10万は払えないので一部入金で交渉してみよう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

債務・借金 ブログランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。