スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井住友VISA再分割の話合い

三井住友カードから携帯に留守電が入っておりました。
三井住友カードにしては珍しくぞんざいな物言いで折り返し電話を寄越すようにとのメッセージです。
げっ!そろそろ痺れを切らして怖い部署に回されたのか?
着信番号も今までと違うし…


う~ん、どうしようか?
5分ほど携帯電話の番号を睨みながら考えましたが、このまま無視していたら益々躍起になって電話を掛けてくるかも知れませんし、無視すればするほど電話には出づらく、また掛けづらくなりますので、これも仕事だと自分に暗示を掛け電話を入れました。


対応してくれたのは留守電に入っていた担当だと名乗る男性です。
多分、すぐに折り返し電話なんて掛かって来ないと思ってたんでしょう。ちょっとアタフタと面食らったような雰囲気が電話を通して感じられました。


おっ、これは此方のペースに話しを持っていけるかも?と思いつつ、とりあえずは相手の話しを聞きます。
一括もしくは分割4年以内で払えと。
先月に1万円を入金しているけど、そんな金額では残債80万円は終わらないでしょう、とのお言葉です。
いやまあ、ごもっともなんですが、無いものは無いんですから払えません。


とはいえ、いつかは払いきるつもりでいますので、とにかく今は月々の支払い額を少なくして、将来的に支払い額を段階的にあげて返済をしたいと目論んでいます。
この提案はセゾンには断られましたが、三井住友カードはどうなんだろうと、ぶつけるだけぶつけてみました。
最初の1年間を月々1万円で、1年後にまた相談させて貰えませんか?と。


そうしたら、意外やあっさりとOK!
毎月26日に来年2月まで1万円を払い、来年にまた相談するという事で話しがつきました。
セゾンのように約定書を取り交わすとかもありません。


いや~、思い通りにいって嬉しいんですけど、なんかちょっと拍子抜け。
もっとこう、金額についての駆け引きがあるかと。
 「1万円じゃ話しになんね~、2万円は最低だ。」
 「いや、2万円は無理です。1万円なら払える、1万5千円だと時々遅延する。」
 「なら1万8千円払って。」
そんな駆け引きがあって1万7千円くらいが落としどころか?なんて想像していました。


まあ、1万円という数字は毎月の利息分だけ位にはなるはずですので、今は払えそうに無い俺を追い詰めるより、一応は支払いの意思は見せているから、とりあえず利息だけでも取れればいいかと思ってくれたのかな?
あっさりとOKしてくれたのはいいけど、なんか私の気が変わらない内にいそいそと話しを終わらせようとしたような感じが気になりますが…
きっと、担当者は上司に「利息だけでも支払うように交渉しました!」と報告するのでしょう。


こんなわけで、三井住友VISAカードは1年間という期限付きですが月々1万円という支払額で話がつきました。
1年後にはまともに返済が出来るようになりますように!



先日仕入れてヤフオクに出すのが惜しくなったCDから
La Oreja de Van Gogh (ラ・オレハ・デ・バン・ゴッホ)- Inmortal
スペインのバンドです!




もうひとつ追加!
La Oreja de Van Gogh - El Último Vals



にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

債務・借金 ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。