スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック企業だったとは

就職活動においてエントリーする会社の評判は気になりますよね?
やはり好き好んでブラックと呼ばれる会社には入りたくありません。
そんな会社の評判を調べるのに、転職の口コミサイトで「転職会議」というのがあります。
ここ数年の間に転職活動をしたことがある人は、一度は目にしたことがあると思いますが、過去に在籍した社員の口コミが掲載されているサイトで、5点満点で評価がされています。
5点に近ければ近いほど、いわゆる「ホワイト企業」と言われる奴です。


で、ここでちょっと自分が過去に勤めた会社はいったいどうなんだ?と。
気になったので調べてみました。
ちなみに、ブラック企業の代名詞のように言われてしまっている居酒屋チェーンの「和民」は 2.8点 です。


これを踏まえて、私が新卒で10年勤めた会社はというと、
じゃん!  2.7点  
そして、先月まで勤めていた会社の親会社はというと、なんと 2.6点 !
(私が在籍していた会社は掲載されていませんので親会社で。社長は同じなんで)


う~ん。。。 ブラックだったのか?
先月まで勤めていたところは、まぁブラックというか典型的なワンマン社長の零細企業ですのでブラックといえばそうかもしれませんが、私としては零細な割にはマシかなとは思っていました。
そして、新卒で10年勤めた会社はそこそこの規模の会社であって、20代の給料は安かったけど居心地は悪くなかった。
30代前半には平均以上の年収になりましたし、今になって思えば、あんな程度の仕事であれだけの給料を貰えるなんてヌルイ会社だと思います。当時はそれでも不満でしたけどね。


まぁ、ブラックかどうかは感じ方は人それぞれかもしれないという事ですね。
私の思っているブラックというのは、社会保険に加入していないとか、給料が遅延するとか、会社としてごく基本的なことすらしていない会社をブラックというのであって、働き方がハードというのはブラックではなく激務な会社というだけだと思っています。
あっ、でも激務なのに給料が安かったらブラックなのか。


しかし、この転職会議での点数を見てみると、自分では感じていなかったけど他の社員にはブラックだと感じている要素が多かったという事ですね。
いったい、どんだけ鈍いんだ俺って。
和民より低い点数と知ってビックリしたけど、考えればなんだかんだ言っても和民は大企業だもんな。
世間でブラックと言われてても、大企業のなかで比較すればの話という事だ。
私からしたらもう、大抵の会社がホワイトになってしまいますね。


ちなみに、今度お世話になる会社は掲載されていないのでわかりませんが、親会社は4点でしたので大丈夫だと信じたい。
決算などの会社情報を自分で調べた限りは利益もだしてるし、きっと大丈夫。
少なくとも前職みたいに赤字で苦しむ事は無さそうだと思います。


話は変わって、再就職先の入社日の連絡がきました。
4月21日入社です。 ・・・えっ~! 
ということは、最初の給料は5月25日ということか。
お金が持たね~よ! やばいっすね。 
4月入社だと言うから、勝手に4月1日入社だとばかり思い込んでました。
前職の2月の日割り給料がいくらか振込まれましたが、足りない分はもうしばらく日雇いバイトで食い繋ぐしかない。
こんな時に思うのは、ず~っと内装工事関係で仕事をしてきて良かったということ。
昔の取引先の現場手伝いとかで何とか食い繋げる。


あ~~、お金さえ余裕があれば入社までの長い休暇を楽しめるのに。
温泉いったりとかね。春休みが欲しいぞ!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

債務・借金 ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。