スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

39歳からの転職活動、まとめ。

毎月の借金返済を滞りだした39歳の私が、収入UPの一発逆転を目論んだ今回の転職活動。
前職在職中にはほとんど転職活動もできずに、退職してから本格的に始めましたので再就職という事になりますね。
幸いにも運に恵まれ、1ヶ月で次の会社が決まりましたので、スピード転職といってもいいかと思います。
まぁ、まだ内定がでた段階ですので気は抜けませんが。


スピード転職というと、ずいぶんと簡単に転職できたように聞こえますが、今回の転職活動は正直に言ってかなり追い込まれた状態での活動でした。
借金持ちなうえに貯金も皆無に近く、1ヶ月以上の無職は生活が持たないという状況です。
それはもう、必死です。
とにかく早く、3月中にまともな会社から内定を貰う事を目標に再就職活動に集中しました。


今回、応募した会社は22社。書類選考を通過した会社が7社。
最終面接まで行ったのが2社です。
内定が出たので面接辞退した会社も2社ありました。
まだ書類選考中なのか音沙汰のない会社もありますが。


39歳という歳での転職活動は、スカウトでも無いと、まともな会社に転職できるギリギリの年齢だと思います。
そして求人では「若年層の長期キャリア形成のため35歳までの方」という条件がつく場合が多い現実。
もう、39歳という時点でふるい落とされている訳ですが、30代と40代では転職活動において受ける印象が圧倒的に違うと思います。
だからこそ、40歳になる前に転職を成功させたいと考え、借金持ちのクセして無謀ともいえる退職を選んだわけです。
前職での「事業転換に伴い従来事業閉鎖」という大義名分もありましたが、残ろうと思えば会社に残れたわけですので。


というわけで、これからの人生を復活させる為、借金返済への道筋をつける為、何が何でも失敗できない転職です。
今までと同じ収入では意味が無い。
だって収入を増やして借金を早く返済させる為の転職でもある訳ですから。


今回の転職活動で一番力を入れたところは何かというと、「職務経歴書」の作りこみです。
まずは書類選考を通過しない事には始まりませんので、何度も何度も修正をしてブラッシュアップしていきました。
職務経歴書を作成するうえで、一番参考になるフォーマットと的確なアドバイスを貰えたのはリクルートエージェントという転職エージェント会社でした。
最初に自分で作成した職務経歴書も自分では自信を持っていましたが、リクルートエージェントのアドバイスに従って作成した職務経歴書を使ってから書類選考通過がグンとあがりました。
ただ、リクルートエージェントにアドバイスを貰った時点では、もうだいぶ多くの会社にエントリーしてしまっていましたが・・・


職務経歴書にも流行というようなものがあって、私が前回に転職活動をした6年前には「とにかく沢山書きなさい。」とエージェントに言われたものでしたが、今回の転職活動では「職務経歴書は短くまとめて、できれば2枚、多くても3枚にまとめなさい。細部は面接でアピールしましょう」と言われました。
そうえいえば、何かのTV番組で「優れたプレゼン資料はA4用紙1枚だ」というのを見た記憶があります。
たぶん、それと同じような流れなんでしょう。
この職務経歴書の書き方は、仕事での書類作成にもだいぶ役にたちそうですね。
どうも私は長文を書きがちなクセがありますので。
このブログの記事も毎回長々と書いていますけど。笑
まぁ、ブログは日記ですから勘弁してください。


さて、これからの40代の10年間をどう仕事をするかが最後の勝負だと思っています。
そしてさらに言えば、私個人的にはこの5年間が勝負だと思っています。
それは、私のこれまで働いてきた業界、これから働く業界の事でもありますが、建築・土木業界においては東京オリンピックと東北の復興事業で特需が起こってきています。
そして特需の後には必ずと言って良いほど「揺り戻し」があり、市場が一気に冷え込みます。
会社でいえば、この5年間の間にどれだけ多くの案件を受注し営業基盤を固め貯金が出来るかで、その後に来る不況を乗り越えられるかが決まります。
私自身についていえば、この5年間でどれだけ多くの仕事をし実績を残せるかで、会社でのポジションが決まりリストラ対象にされずに生き残れるか、はたまた最悪会社が駄目になっても同業他社に引っ張って貰えるか、そんな実績を作るための5年間になると考えています。


今後、なにが起きても生き残れる為に、不景気だから仕方が無い、会社が儲かってないから仕方が無い、そんな言い訳で過ごす人生にしないようにしたい。
まぁ、こういう決心は目の前の仕事の忙しさを言い訳に流されて、いつの間にやら頭から抜けてしまい、その日その日をただ過ごしがちになってしまいますので、そんな時の為に思い起こせるように記事として残しときます。
なんせ浪費で借金をしてしまうくらいに、基本的にだらしない人間ですから。
こんなところで、今回の転職活動のまとめでした。



にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

債務・借金 ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。